有料会員限定

SNSなどで名誉棄損罪や侮辱罪が成立する条件 社会的な評価が本当に低下したのか

✎ 1〜 ✎ 12 ✎ 13 ✎ 14 ✎ 15
拡大
縮小
スマートフォンを操作する様子
(写真:PIXTA)

特集「生き残るための法律術」の他の記事を読む

『週刊東洋経済』7月3日発売号では「生き残るための法律術」を特集。ビジネスパーソンが今の時代に必要な法リテラシーや法知識をまとめた。
週刊東洋経済 2023年7/8号[雑誌](生き残るための法律術)
『週刊東洋経済 2023年7/8号[雑誌](生き残るための法律術)』(東洋経済新報社)書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。

SNS上で特定の人物を誹謗中傷する事例が相次ぎ、名誉毀損罪や侮辱罪などの法的トラブルに発展することがある。

名誉毀損罪と侮辱罪は、ともに「悪口」に起因するが、具体的な事実を示したかどうかが異なる。名誉毀損罪は事実を示し、公然と人の社会的評価を低下させた場合に成立し、法定刑は3年以下の懲役もしくは禁錮または50万円以下の罰金。

他方、侮辱罪は事実を摘示しないで公然と人を侮辱した場合に成立し、法定刑は1年以下の懲役もしくは禁錮または30万円以下の罰金または拘留もしくは科料。「公然」の定義は、不特定または多数の人が認識できる状態を指す。ネット上での投稿や、少数であっても話が広まる可能性があれば公然だと見なされる。

次ページ罪として成立する、しないの線引き
関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
生き残るための法律術
突然やってくるトラブルの唯一の防衛策に
個人情報保護法やセキュリティーが厚い壁に
正しい知識を獲得すると仕事がぐっと広がる
人任せではなく、自分で確認することがカギ
パワハラ被害、情報漏洩など大ピンチをしのぐ
法改革で働き方やライフスタイルの変化が加速
「これぐらいなら」と思っていても事件化
サプライチェーン強靭化など4本柱のポイントは
失敗しないために重要事項説明書にも目を通す
インサイダー取引では必ず職を失うことに
相続の最大の関門を乗り切るために必要に
相手側の反発をかわしながら墓じまいをする
「制裁を与えたい」気持ちをぐっとこらえる
社会的な評価が本当に低下したのか
これからのビジネスパーソンには必要不可欠に
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料法人プランのご案内