新聞・雑誌にまた災難、東日本大震災で紙の次はインキ不足が痛撃


代替品は非常時対応のため、生産するのは基本となる4原色のみで、中間色は生産されない。そのため、蛍光ピンクなど派手な女性ファッション誌を中心にビジュアル系雑誌はきついまま。新聞の折り込みチラシも同様で、不便は避けられない。

資材不足ばかりではない。今後は計画停電への懸念が高まっている。経済産業省は4月1日、印刷工場や大手書店チェーンに25%の節電を要請した。日本雑誌協会では、「雑誌発売日は3分の2が毎月20日から月末に片寄っている。発売日変更もありうるかもしれない」(高橋局次長)。一難去ってまた一難。震災のつめ跡は大きい。

(山本隆行 =週刊東洋経済2011年4月16日号)

記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 角田陽一郎のMovingStudies
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT