CMの概念をひっくり返す「泣ける実録」の凄み

再生30万回のネット動画は何を伝えているか

(写真:動画/「千葉次郎の挑戦」Supported by TOSANDO musicより抜粋)

これまでの概念を覆すCMの登場

15秒ないしは30秒――。

限られた短い時間の中で視聴者にわかりやすく訴え、商品やサービス、企業、ブランドなどのイメージを植え付ける。映像を主体にしたCM(コマーシャル・ムービー)の世界は、テレビ番組に挟み込まれることを前提として発展してきた。

だが、ここへ来てこれまでの概念をひっくり返すようなCMが登場してきている。舞台はインターネットだ。テレビ放送作家の筆者も思わず涙を誘われ、「悔しい思い」もしたこのCMをまずはご覧いただきたい。

HPの情報によると、この4分45秒にわたる映像は4カ月後に控えた息子の結婚式のため、2014年6月からサックスを習った父親の様子が克明に映像で描かれている。息子さんの結婚披露宴の当日が訪れ、さらに妹さんたちまでも……。

次ページ30万回を超える再生回数
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • トクを積む習慣
  • ネットで故人の声を聴け
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT