震災地のNTTドコモ携帯基地局の復旧進む。機能停止は840局まで減少【震災関連速報】

震災地のNTTドコモ携帯基地局の復旧進む。機能停止は840局まで減少【震災関連速報】

東日本大地震の発生から10日あまり経過し、携帯電話最大手NTTドコモでは復旧作業が進んでいる。

震災直後、最大で6720局あった機能停止中の基地局は、停電状態の解消とともに復旧が進み、23日13時時点では840局にまで減った。

震災地の東北地方では、たとえば宮城県で全1200ある基地局のうち、依然250局が使用不能の状態にあり、通信障害は残る。だが、大半に当たる1090局が停止していた震災直後に比べると、通信状況は着実に改善傾向にある。ドコモでは約30台の移動基地局車を震災地に派遣し、基地局が使用停止の地域でも携帯電話を利用できるよう、対応している。

ただ、依然使えない840局の中には、基地局事態が損傷し、電気が通っても使用できないものも多く含まれるもようだ。現時点では被害額は不明だ。

(桑原 幸作 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 財新
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT