震災地のNTTドコモ携帯基地局の復旧進む。機能停止は840局まで減少【震災関連速報】

震災地のNTTドコモ携帯基地局の復旧進む。機能停止は840局まで減少【震災関連速報】

東日本大地震の発生から10日あまり経過し、携帯電話最大手NTTドコモでは復旧作業が進んでいる。

震災直後、最大で6720局あった機能停止中の基地局は、停電状態の解消とともに復旧が進み、23日13時時点では840局にまで減った。

震災地の東北地方では、たとえば宮城県で全1200ある基地局のうち、依然250局が使用不能の状態にあり、通信障害は残る。だが、大半に当たる1090局が停止していた震災直後に比べると、通信状況は着実に改善傾向にある。ドコモでは約30台の移動基地局車を震災地に派遣し、基地局が使用停止の地域でも携帯電話を利用できるよう、対応している。

ただ、依然使えない840局の中には、基地局事態が損傷し、電気が通っても使用できないものも多く含まれるもようだ。現時点では被害額は不明だ。

(桑原 幸作 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • この新車、買うならどのグレード?
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
省電力・広域通信“0G”の衝撃<br>IoT化の隠れた主役LPWA

低速ながら電池で数年動くほどの省電力で、基地局から10km以上もの広域通信が可能。 LPWAという通信方式は超高速の5Gとは対極で、関係者に「0G(ゼロジー)」と呼ばれています。検針やモニタリングなど静かな普及の現場を取材しました。