まるで「あつ森」風?新SNS・ボンディー人気の行方 1月25日に新バージョン開始、Twitter界隈で話題に

拡大
縮小
1月25日に上陸したメタバースSNS「Bondee(ボンディー)」は定着するでしょうか?(画像はユーザーであるサタケシュンスケさん提供)

新たに上陸したメタバースSNS、「Bondee(ボンディー)」が盛り上がりを見せている。

メタバースというと縁遠く感じる人もいそうだが、簡単に説明すると「ゆるキャラのような、ほっこりしたアバターを使って、友だちとやりとりができるコミュニケーションアプリ」だ。

2023年1月25日に新バージョンの配信が開始され、翌日からTwitterユーザーの間でも話題に。28日には新規ユーザーが増えたのか動作がやや重くなり、夜など混み合う時間には強制的にログアウトされてしまうこともあった。

運営するのはシンガポールにオフィスを構えるMetadream社。東京都千代田区にも日本法人が存在し、公式TikTokアカウントとInstagramアカウントが開設されている。

会社資料によると、同社はアメリカやオーストラリアからの出資者によって設立されたテック企業で、日本と韓国にも活動拠点がある。今後は利用者が多いタイやフィリピンなどの地域にも運営センターを設立する予定だという。

「懐かしのポストペットやアメーバピグみたい」

筆者が「Bondee」を使い始めたのは、1月27日の朝のこと。その前日から、以前Clubhouseをいち早く利用していた新しいもの好きの知人たちが、Instagramのストーリーに「Bondee始めました!」と自分のアカウントのQRコード画像を続々とアップしだしたのがきっかけだ。

筆者のQRコード(画像:筆者提供)

 

QRコードには友人らのキャラに合ったアバターが添えられており、「これはなんだろう?」と興味がわいた。「かつてはやった任天堂のMiiとか、ZEPETOのようなものかな」と、アプリをインストールしてみた。

次ページこの瞬間の「友だち」の様子が一覧できる
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
【田内学×白川尚史】借金は悪いもの?金融の本質を突く教育とは
【田内学×白川尚史】借金は悪いもの?金融の本質を突く教育とは
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT