ヤバい統計学 カイザー・ファング著/矢羽野薫訳

ヤバい統計学 カイザー・ファング著/矢羽野薫訳

よくある「統計はウソをつく」という種類の本ではない。「ウソをつかない」肯定的な事例を10ケースを紹介。その分析で中心的な役割を担う「統計で世の中をよくする人々」を取り上げ、統計的思考の活用法を伝授しようというものだ。

その10ケースには、高速道路の車をスムーズに走らせる交通工学者、感染症の出所を突き止める疫学者、ハリケーン多発地域で住宅保険の保険料を算出するアクチュアリー、共通テストの公平性を保つことに苦心する教育学者、ドーピング検査を行う技師、ウソを見抜く法則をデータマイニングで探求する専門家、宝くじの不正の証拠を見つけた統計学者、行列を短くする方法を編み出したエンジニアなどが登場する。

平均化を嫌う「不満分子」とは、間違っているからこそわかること、あるいは、なぜ「不可能」が起きるのか。卓越した専門家の思考の道筋がトレースでき、自分もプロになれそうな気がしてくるから不思議だ。

阪急コミュニケーションズ 1995円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT