トヨタ、ベア4000円回答がもたらす「効果」

”儲けすぎ”批判に対するトヨタの回答

トヨタにつられ、デンソーやアイシン精機でも、高水準のベアが相次いだ

この結果、トヨタグループのデンソーやアイシン精機、豊田自動織機が、昨年を1000円上回る、3000円のベアを回答(それぞれ要求は6000円)。グループ以外でも、日産自動車が5000円、ホンダが3400円など、高水準のベアが相次いでいる。

トヨタを超える5000円のベア回答をした、日産の西川廣人チーフ・コンペティティブ・オフィサーは、「他社との比較は意識していない」とする。だが、トヨタの積極姿勢が賃上げムードの醸成に役立っていることは、間違いない。

 日本総研調査部の山田久チーフエコノミストは「トヨタを含めて、大手は高めのベアという流れができた」と指摘する。

注目は、中小まで波及するか

今後、春闘の焦点は、中小企業へと移っていく。

中小零細の業績回復はまだまだ遅れている。それだけに、「賃上げの余裕はない」(中小部品メーカー社長)という声は多い。一方で、「業績はよくないが、(賃上げを)無視するわけにはいかなくなった」(中堅部品メーカー役員)、との声もある。

経済好循環とデフレ脱却につなげることはできるのか。いずれにせよ、トヨタの果たした役割は、小さくない。


 

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ゴーン氏の知力と行動力に<br>日本政府は完敗した

佐藤優氏の連載「知の技法 出世の作法」第613回の題材は、カルロス・ゴーン被告のレバノン逃亡事件です。ゴーン氏にしてみれば逃亡を選択したのは合理的な判断で、問題は日本の出入国管理が突破されたことにあると指摘しました。