イラクは、廃棄兵器で「イスラム国」と戦う

廃棄場の兵器を修理して使用

3月11日、イラクの過去の戦争で使われた古い兵器はスクラップにされるのを待っていたが、最近では過激派組織「イスラム国」との戦いで使われるべく息を吹き返している。写真はシーア派民兵組織ハシド・シャービの装甲車両の車列。イラク北部アラムで10日撮影(2015年 ロイター/Thaier Al-Sudani)

[ハルサ(イラク) 11日 ロイター] イラク南部の砂漠地帯には、過去の戦争で使われた兵器の廃棄場がある。そうした古い兵器は過去何年も捨て置かれたままスクラップにされるのを待っていたが、最近では、過激派組織「イスラム国」との戦いで使われるべく息を吹き返している。

イスラム国は昨年6月、イラク北西部の広い範囲を電撃的に制圧。イラク軍は混乱に陥り、米国から供与されていた兵器の多くもイスラム国に奪われた。

イラク政府はイスラム国の進撃を食い止めるべく、国際社会に兵器などの増援を要請してきた。しかし、退役したイラク軍の元機械工であるマディ・スカイニさんにとって、その答えは自宅の近くにあった。

捨てられた装甲車を修理

「自分が住んでいる場所の近くに、数多くの軍装備品が捨てられているスクラップ場がある。それはイランとの長い戦争を常に思い出させるものだった」というスカイニさん。イラクがイランと戦争していたのは1980~88年だ。

「そこを通り過ぎた時、ある考えが頭にひらめいた。捨てられた装甲車を修理すれば、ダーイシュ(イスラム国)との戦いに役立てられないか」

兵器廃棄場には、1990年のイラクによるクウェート侵攻とそれに続く湾岸戦争、2003年のイラク戦争で使われた銃や戦車も捨てられている。

次ページ息子たちと一緒に旧式装甲車を修復
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 若者のための経済学
  • 「日本の外交」超入門
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
白川日銀前総裁インタビュー<br>中央銀行の役割とは

退任から5年半。総裁就任前を含め、日銀とともにあった足跡を記した著書『中央銀行』が出版された。なぜ今沈黙を破ったか、金融政策が数々の批判にさらされたのはなぜか。日本経済の持続可能性への思い、中央銀行の果たすべき役割とは。