ハッピーターンの"魔法の粉"その知られざる進化 ローソン「からあげクン」とのコラボも

拡大
縮小
せんべい界のロングセラー「ハッピーターン」。その知られざる進化の歴史とは?
この記事の画像を見る(4枚)

亀田の柿の種、ぽたぽた焼き、そしてハッピーターン。日本の米菓市場で約35%のシェアを持つ大手、亀田製菓の定番商品だ。

中でも2021年に45周年を迎えたハッピーターンは、若い人にもファンが多い。サクッとした洋風の煎餅と“魔法の粉”と巷で呼ばれる「ハッピーパウダー」の組み合わせにハマる人は少なくない。

長く生き残る背景には、地道なマイナーチェンジを繰りしてきた努力の歴史がある。また、ハッピーパウダーを愛する人の中には、想像もつかない意外な食べ方をしている人も多く存在していた。

ハッピーターンのナゾを探るべく、亀田製菓経営企画部の池ノ上雄樹さんに話を聞いた。

きっかけは「オイルショック」?

ハッピーターンが生まれたのは今から46年前の1976年(昭和51年)。当時の日本はオイルショックの影響で不景気が続いている状態だった。そんななかで亀田製菓はしょうゆ味が主流だった煎餅業界に対し「新しいタイプの商品を提供したい」という思いで、新商品を開発したという。

当時は、網で焼く「しょうゆ味」の煎餅が主流の時代。亀田製菓が目指したのはこれまでの煎餅のイメージを覆すような「洋風の甘いお菓子のような煎餅」だった。 

写真左より現在のパッケージ、発売当初のパッケージ

 

そこで取り入れたのが鉄板で焼いたハイカラなイメージと、従来の煎餅ではあり得なかったパウダーでの味付けだった。しかし、粉で味付けをするというのはこれまでにない手法だったため、パウダーと煎餅の相性やパウダー自体の開発にとても苦労したという。

次ページ幸せが戻って来るようにと願いを込めて
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT