健康診断「異常あり」ワースト1沖縄が抱える問題 元長寿県に起こった問題は対岸の火事ではない

✎ 1 ✎ 2
拡大
縮小
(写真:gypsyhirano/PIXTA)

元長寿県に何が起こっているのか――。健康診断で「異常あり」の割合が全国一高い状態が11年も続いているのが沖縄なのだ。

筆者らの前回の記事(労働者の6割が健康診断「異常あり」の深刻な事態)では、全国平均で6割に達しようとする有所見率(健康診断を受診した人のうち、有所見者の占める割合)の背景や業種別の有所見率の傾向、健診後に医療機関を受診する「二次検診」の現状について解説した。

ただ、沖縄の「異常あり」の割合が高いとしても、これを沖縄県だけの話で済ますわけにはいかない。すべての日本国民にとって対岸の火事ではないのだ。

11年連続で都道府県別ワースト

厚生労働省沖縄労働局が発表した定期健康診断実施結果によると、2021年の沖縄県の職場の健診の有所見率は、前年比0.9ポイント上昇の70.4%で、都道府県別でワーストという不名誉な記録を更新した。全国平均(58.7%)と比べても、その深刻さがわかる(下の図)。

都道府県別の有所見率
次ページ2009、2010年は福井が最下位
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT