東邦HDは被災地の営業所に医薬品を首都圏から配送、今朝到着。受発注は近隣拠点で対応【震災関連速報】

東邦HDは被災地の営業所に医薬品を首都圏から配送、今朝到着。受発注は近隣拠点で対応【震災関連速報】

医薬品卸大手の東邦ホールディングスは、子会社の東邦薬品が持つ東北地方の各営業所に3月14日朝、医薬品の臨時配送便が到着したことを明らかにした。

東邦HDによれば、東邦薬品が持つ福島県本宮市の物流センターが天井の損壊などで当面、商品の供給ができない状態。そのため、東京都、埼玉県の物流センターから、東北地方への医薬品の発送を行っている。被災地の営業所では、電話回線がつながらないために受発注ができないところもあり、近隣の営業拠点などで受発注をカバーしているという。従業員については1人の安否をなお確認中だ。

(岡田 広行 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 最新の週刊東洋経済
  • 高城幸司の会社の歩き方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。