「モテるけど結婚できない」37歳婚活女性の致命傷 「見た目がよく経歴も○」な婚活苦戦組の共通点

印刷
A
A

さらに言うなら、婚活で一番テンション高くなっているのは、お見合いから交際になった瞬間だ。そこから、何日も連絡を取らないでいれば、テンションは下がってしまう。人間関係ができあがっていないときに、いったん下がったテンションは、二度と上がることはない。

また、恋愛しないまま歳を重ねてしまった人で、行動をしているのに失敗するタイプがいる。生真面目な性格の人に多く、婚活マニュアルを本やSNSサイトで熱心に学び、その通りに実践をするのだが、相手の気持ちを考えずに、ただただ押しまくる。結果、相手から重たいと思われて、自滅をしてしまう。

行動しているのに結果に繋がらない

ひろみ(33歳、仮名)と交際に入ったしんたろう(37歳、仮名)が、まさにそんなタイプだった。あるとき、ひろみからこんな連絡が来た。

「LINEを交換した日から、朝、晩と1日2回のLINEが来るんです。朝は、決まって8時、夜は10時の定期便です。朝のLINEは『おはようございます。今日もがんばりましょう』程度の短いものだけど、夜のLINEは、その日1日にあったことをツラツラと日記のように長く書いてくるんです。読むのも大変だし、1日のできごとを報告されても、『ああ、そうですか』くらいしか、返事ができなくて困っています」

さらに、こう続けた。

「LINEって、もらった分量と同じくらいの量を返さないと悪いかな、という気持ちが働いてしまう。毎晩くるLINEがとても苦痛です。週末に、交際に入って初めてのデートをするんですけど、もうそれを終えたら、交際終了にしようと思います。こんな気持ちで、夜の食事に出かけるのは苦痛なので、昼間にどこかで軽くお茶でもして、終わりにしたいです」

「密なコミュニケーションは大事」だと、私も会員たちには言っている。「婚活を成功させるには、毎日のLINE、最低でも週1回は会えるようにしましょうね」と。

ただ、ここに付け加えると、これは婚活がうまくいくためのアクションにすぎない。こうしたアクションを起こしながらも、今相手の気持ちがどこにあるのかを探っていくことが大事なのだ。相手がこちらを向いていないのに、ただただ前向きな行動をしても失敗につながるだけだ。

とはいえ、行動している人は、行動していない人よりも、結婚できる確率は高いだろう。最終的に、男女は相性だ。プライドが高く、待ちに徹している人は永遠に結婚できないが、失敗を繰り返しても、あきらめずに行動を起こしている人は、自分を受け入れてくれる相手に出会えたら、それが結婚に繋がっていく。

今、婚活に苦戦している人たちは、これまでの婚活状況を冷静に見直して、どうした自分が結婚できるのか、その方法を見出すとよいのではないだろうか。

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
スズキ「納車6ヶ月待ち」国内販売の深刻な事態
スズキ「納車6ヶ月待ち」国内販売の深刻な事態
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT