有料会員限定

日本の「セックスレス」西欧との比較で見えるもの オーストリア出身の若手研究者が深層を探る

✎ 1〜 ✎ 21 ✎ 22 ✎ 23 ✎ 最新
印刷
A
A
したいけど、めんどくさい 日本のセックスレス現象を社会学する(パッハー・アリス 著/晃洋書房/3520円/288ページ)
[著者プロフィル] Alice L. Pacher/明治大学文学部助教。博士(人間学)。2010年、オーストリア・ウィーン大学日本学専攻卒業。20年、明治大学大学院文学研究科にて博士号取得。

セックスレス言説が持つ意味は、日本と西欧とで異なる。そう指摘する著者は、オーストリア出身の若手研究者。本書は彼女の博士論文を下敷きとする。

西欧においてセックスは、個々人とカップル間でのセクシュアルプレジャー(性的経験から得る身体的・精神的な満足や楽しみ)を含めるセクシュアルヘルス分野の研究対象とされる。一方、日本ではカップル間のセクシュアルプレジャーについて公的空間でほとんど議論されないまま、セックスレス現象だけが取り沙汰されるようになった。

セックスレスの内的要因を探る

日本家族計画協会が行った意識調査によれば、16~49歳の既婚者のセックスレス割合は2016年には47.2%に達している。その社会的要因としては、長時間労働や女性の社会進出、出産後の性行動の変化などが挙げられる。だが、こうした外的要因だけでは日本の男女のセクシュアリティーを捉えきれず、内的要因の探索が必要だという視点が本書の問題関心の核にある。

次ページインタビュー調査から何が見えたか
関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
ディズニー大転換「入園者数引き下げ」戦略の背景
ディズニー大転換「入園者数引き下げ」戦略の背景
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内