有料会員限定

日本の「セックスレス」西欧との比較で見えるもの オーストリア出身の若手研究者が深層を探る

✎ 1〜 ✎ 21 ✎ 22 ✎ 23 ✎ 最新
拡大
縮小
したいけど、めんどくさい 日本のセックスレス現象を社会学する(パッハー・アリス 著/晃洋書房/3520円/288ページ)
[著者プロフィル] Alice L. Pacher/明治大学文学部助教。博士(人間学)。2010年、オーストリア・ウィーン大学日本学専攻卒業。20年、明治大学大学院文学研究科にて博士号取得。

セックスレス言説が持つ意味は、日本と西欧とで異なる。そう指摘する著者は、オーストリア出身の若手研究者。本書は彼女の博士論文を下敷きとする。

西欧においてセックスは、個々人とカップル間でのセクシュアルプレジャー(性的経験から得る身体的・精神的な満足や楽しみ)を含めるセクシュアルヘルス分野の研究対象とされる。一方、日本ではカップル間のセクシュアルプレジャーについて公的空間でほとんど議論されないまま、セックスレス現象だけが取り沙汰されるようになった。

セックスレスの内的要因を探る

日本家族計画協会が行った意識調査によれば、16~49歳の既婚者のセックスレス割合は2016年には47.2%に達している。その社会的要因としては、長時間労働や女性の社会進出、出産後の性行動の変化などが挙げられる。だが、こうした外的要因だけでは日本の男女のセクシュアリティーを捉えきれず、内的要因の探索が必要だという視点が本書の問題関心の核にある。

次ページインタビュー調査から何が見えたか
関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内