「米の利上げはやりすぎ」の見方が誤りといえる訳 泰然自若の日銀と対照的、それぞれの考えとは?

印刷
A
A
東洋経済新報社の記者・編集者が、SBI証券のチーフストラテジストの北野一氏とともにマーケットを展望する動画連載「Market Trend Report」。第3回前編のテーマは、「FRBと日銀 生存率が高いのはどちら」。北野氏が解説します(詳しくは動画をご覧ください)。

「あまりにも足元の(アメリカの中央銀行である)米国連邦準備制度理事会(FRB)と日本銀行の行動が対照的。はたしてどちらが正しいのか」

上の画像をクリックするとSBI証券「Market Trend Report」のページにジャンプします

と、SBI証券のチーフストラテジストの北野一氏は提起する。問題を解くカギは、日米相対株価とアメリカの政策金利、フェデラル・ファンド金利(FF金利)の推移にあるという。

北野氏は「FED(アメリカ連邦準備制度、FRBはFEDの最高意思決定機関)は3月以降に利上げを3回しているが、日米相対株価をみると、日本株がアメリカ株をアウトパフォームして(上回って)きている」と指摘。そのうえで、「株式市場目線でいうと、アメリカの対応はやりすぎで、動かない日本のほうが正しいという判断になっている」という。

ところが、そうした株式市場の見方に対して、北野氏は「間違いだと思う」と異議を唱える。

いったいなぜなのか。詳しくは動画をご覧ください。

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT