大人が知らない、「新・韓流ブーム」の真相

韓流は、日常生活に溶け込むステージへ

2NE1の私服を参考にしながら、毎日、友人とファッションの話をしているという。コーディネートについて褒められることも多く、彼女の周りにいる男子もBIGBANGのようなファッションをしている人が多い。彼女はInstagramやTwitterにコーディネートの写真をよく載せるそうだが、周りの反応もいいという。

日本大学2年Eさん(19歳)のケース

普段からGIVENCHY やYohji Yamamotoといったハイブランドの服を着るEさん。

彼もBIGBANGのG-DRAGONから影響を受け、ハットからパンツまで、全身を黒で統一した「オールブラック」のコーディネートを取り入れているという。

韓国のファッションリーダーをまねするだけで、簡単に周囲からオシャレになったと言われる」と話すEさん。

韓国の服はデザインやシルエットが奇抜であるため、個性派ファッションを楽しめるという。その中でも黒のハットやスキニーパンツは、ほかのアイテムとも組み合わせやすいのも人気の理由という。

韓流カップルアプリも大人気

ここまで、外見的な韓流ブームを取り上げてきたが、人気はそれだけにとどまらない。韓国のはやりものを日常生活に取り入れる動きも強まっているのだ。日本とは違う、韓流の文化そのものに引かれていると思われる傾向があるのは興味深い。

たとえば、恋人同士が2人の記念日を確認しあえるスマートフォンのアプリだ。

早稲田大学4年Fさん(23歳)のケース

大学で理系の学問を専攻するFさん。3年半付き合った彼女と、半年ほど前からカップルアプリを使い始めたという。

2人の関係も落ち着き、なにかマンネリを打壊する新たな刺激がほしいと考えたのがきっかけだそうだ。

画像を拡大
2人が使用するカップルアプリBetweenの画面

韓国では付き合い始めて100日、200日……など100日ごとにさまざまな記念日を設けるというのが流行しており、カップルアプリでは、そのカウントダウンができるというのが目玉機能のひとつという。

また、LINEと同様にチャット機能もついているが、スタンプなどはカップルで会話するのに特化したものが多く、2人だけの特別な会話空間を楽しめるというのも利用する理由のひとつなのだという。

次ページ「ぶりっこダンス」にはまる女子たち
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
社外取締役のお寒い実態<br>なり手不足と低い出席率

「1人でも社外取締役がいれば」という時代は終わり、「取締役の3分の1以上必要」という時代へ。上場企業全体では6000人以上も不足することに。出席率の低い95人の実名を公開。