「2579万円着服」大阪バレーボール協会理事を解任 6年にわたって52回着服、主に遊興費に使用

印刷
A
A
会見で謝罪するバレーボール協会幹部。左から3人目は日本協会の川合会長(撮影・実藤健一)

大阪府バレーボール協会は28日、大阪市内で会見し、同協会内に不祥事があったことを明かした。19年度の帳簿において使途不明金が判明。内部調査をへて、公認会計士を入れた調査で50歳代後半の男性会計担当理事による2579万円の着服が発覚した。調査による着服期間は14年7月から20年6月、現金を引き出す要領で回数は52回におよび、主に遊興費に使われたという。

組織改革のプロジェクトチーム立ち上げ

担当理事は着服の事実を認め、今月20日の時点で全額の弁済を終えたという。同協会によると、昨年12月に本人の申し出を受けて、職務はすべて解任。ただ、任期途中で理事の肩書は残っている。職務はボランティアのため、報酬は派生していない。

同協会の小比賀恵一会長は、同理事に対する今後の処分について「弁護士と相談した上で対応していきたい」。一方で日本協会の川合俊一会長は「(不正の理事は)泥棒ですから。泥棒は警察に突き出すのが普通。罪は償わないといけない」と厳しく言った。

小比賀会長は組織改革のプロジェクトチームの立ち上げを明かしたが、7人で構成のチームは元協会幹部が中心で自浄効果は不透明。今回の不祥事は、組織的な甘さも浮き彫りにした。

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT