駅伝界の王者ナイキを抜いた、あのブランド

箱根駅伝の裏にあった、もうひとつの"戦い"

また、雑誌などでアディダスとナイキの商品を借りる場合、スタイリストは「ミックス禁止」を言い渡される。誌面上でコーディネートをするときに他メーカーのウエアやシューズを入れずに、単体メーカーで統一してね、というお達しだ。両メーカーはプライドが高く、そして広告費も国内メーカーと比べて潤沢で、「ブランドイメージ」をかなり重要視している印象だ。

では、ランナーの”命”ともいうべき、シューズはどうか。ユニフォームとはまったく違う勢力図になっている。

箱根ランナーのシューズはあの国内メーカーが断トツ

ユニフォームはチームとの契約になるが、原則、シューズは含まれない。マッチングの問題もあり、選手がどのメーカーのシューズを履くのか決めることになる。では、箱根ランナーに最も支持されているのはどのメーカーか。それはミズノだ。詳細は下の表を見ていただきたい。

東京・神保町でカスタムインソールを販売するRun Designの中嶋克之氏の調査によると、ミズノが100人、アシックスが59人、ナイキが22人、アディダスが22人、ニューバランスが4人という数字だった。5つのブランドが箱根駅伝出場者210人の足元を飾っている。

スポーツショップに行くと、ほかにも多くのメーカーがシューズを出しているが、今回でいえば、プーマ、リーボック、サッカニー、ブルックス、アンダーアーマーを履いている箱根ランナーはいなかった。ミズノ、アシックス、ナイキ、アディダスが4強という感じで、中でもミズノが突出している。

次ページ「山の神」3人はどこのシューズか?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 最新の週刊東洋経済
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 女性の美学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人生100年時代の稼ぐ力<br>副業・資格で定年後も長く働こう

人員削減や年金不足問題など、将来収入への不安は募るばかり。会社に依存するのではなく、副業や資格を持つことで長く働くすべを身に付けよう。需要がグンと高まる資格、60代からでも食える仕事など、実践的な情報を満載。