利用者数=サービスの価値、「FSP-Dモデル」で稼ぐ 無料、ソーシャル、価格差別、データの組み合わせ

✎ 1〜 ✎ 175 ✎ 176 ✎ 177 ✎ 最新
拡大
縮小
(写真:Graphs/PIXTA)

平成元年(1989年)の世界の時価総額ランキングトップ10には、日本企業が7社入っていた。しかし令和元年(2019年)には、50位内に1社が入るのみ。近年成功している世界の企業に共通しているのは、情報財を扱い、「無料(フリー)」「ソーシャル」「価格差別」「データ」という4つを組み合わせた「FSP-Dモデル」を採用している点だ。

今、多くの新興サービスが「ソーシャル」性を生かしている。ツイッター、LINE、メルカリなど、枚挙にいとまがない。これらのサービスでは、従来の製品とは利益のメカニズムが異なる。利用者が増えるほどサービスの価値が高まるという、ネットワーク外部性(効果)が働くからだ。

従来の製品販売においては、品質向上により価値を高めることが重要だった。しかしネットワーク外部性が働く場合は、コストをかけずとも、利用者数が増えるだけで価値が高まっていく。そのため、高利益率を達成しやすいのである。

次ページ重要になる価格戦略
関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内