父子家庭の娘が「夕飯代を削って」買っていたもの 漫画「19番目のカルテ」19話

印刷
A
A
父子家庭で育つ羽海は、重い生理の症状に悩み続けていて──

物語の中で見た「なんでも治せる医者」になんかなれない──。3年目の女性医師の滝野は、細分化された専門領域で、それぞれの専門を極めることを是とする医者のシステムの中で、理想と現実のギャップに悩んでいた。そんな中、滝野の前に総合診療医の徳重晃が現れる。

『19番目のカルテ(1)』(書影をクリックすると連載サイト「ゼノン編集部」にジャンプします)

総合診療科は、内科、小児科、産婦人科など18に細分化された専門分野に新たに加えられた、“19番目の専門分野”として位置づけられている。特定の臓器や疾患に限定することなく初期診療にあたり、必要に応じてほかの専門的な医師や機関につなぐ「各科へのゲートキーパー」のような存在だ。

臓器ではなく患者という“人間そのもの”を診察する徳重との出会いで、滝野の考えに変化が起こる──。

この記事の漫画を読む(35ページ)
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT