中古価格が7倍以上に高騰、空冷ポルシェ人気の訳 4000万円以上の値段もつく、その理由を探る

印刷
A
A

一方、3代目の964型は、パワーステアリングやエアバッグ、エアコンなどが付いており、運転のしやすさや安全性、快適性も優れることで人気が高く、若い世代にも購入者がいるという。とくに今回4600万円の価格がついていた911カレラRSは、最近引き合いも多く、稀少性も高いことで高値となったようだ。担当者によれば、「15~20年前の中古車価格は600万円程度だった」というから、現在は7倍以上に中古車価格が高騰していることがわかる。

旧車好きを惹きつける空冷ポルシェ911の魅力

初代901型にあたる、1973年式の911T(筆者撮影)
初代901型にあたる、1973年式の911T(筆者撮影)

ウインズオートの担当者によれば、空冷ポルシェ人気は、964型を筆頭に、全体的に高まっており、中古車価格も上昇傾向。ここ数年は「ブーム」と呼べるほどの過熱ぶりだという。

911Tのリアビュー。価格は1750万円(筆者撮影)
911Tのリアビュー。価格は1750万円(筆者撮影)

近年は、国産スポーツカーの旧車が人気で、中古車価格が高騰していることがよく話題に上がる。例えば、日産「スカイラインGT-R」は、1969年の初代モデルや1989年発売の3代目などは1000万円を優に超える価格で取引されているという。また、トヨタが1967年に発売した「2000GT」に至っては、世界的にビンテージカーとしての地位を確立しており、海外のオークションなどでは1億円を超える価格がついた車体もある。だが、ウインズオートの話を聞くと、国産旧車ばかりではなく、ポルシェのクラシックカーも近年は愛好家からより熱い視線を集めているようだ。

ちなみに旧車の買取サービス「旧車王」を運営する「カレント自動車」が実施した旧車のユーザー人気ランキングでも、911は第1位のスカイラインGT-Rに次いで第2位となっている。当ランキングは、旧車に興味のある男女129名に対して行ったアンケート調査の結果をまとめたものだ。アンケートは2022年4月1日~2022年4月12日の期間に実施し、「2010年式以前のクルマ」を旧車と定義して調査している。なお、そのほかにランクインしたモデルは、3位「トヨタ・ランドクルーザー」、4位「日産・スカイライン」、5位「ホンダ・NSX」など、911以外はすべて国産旧車が占めていた。

あくまで一例ではあるし、アンケート対象車種が2010年式以前であるため、911には水冷エンジンモデルも含まれている可能性はある。だが、近年人気が高い国産旧車の間に割って入り2位になっていることは、いかに911を支持する旧車愛好家が多いかがうかがい知れる。ポルシェ・911は、長い伝統を持つモデルだけに、日本でも幅広い層に支持を受けている証だといえるだろう。

関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT