ゴールドマンとJPモルガン計1.33億ドルの助言料 もらえるかどうかはツイッター買収の成否にかかる

印刷
A
A

米テスラの最高経営責任者(CEO)で資産家のイーロン・マスク氏による440億ドル(約5兆7000億円)規模の米ツイッター買収が実現すれば、ゴールドマン・サックス・グループとJPモルガン・チェースはツイッターへの助言手数料として計1億3300万ドルを得ることになる。

米証券取引委員会(SEC)への17日の届け出によると、ツイッターは買収完了時点で総額8000万ドルをゴールドマンに支払うことで合意。ゴールドマンは買収が発表された際に1500万ドルを受け取っている。JPモルガンには総額5300万ドルが入る見込みで、うち500万ドルは4月25日に同行がツイッターの取締役会に意見を提出した後に支払い可能となっていた。残りは買収の成否にかかっている。

マスク氏は17日の投稿で、ツイッターのユーザー数に占める偽アカウントの比率が5%未満であることが証明されない限り、買収計画を進める意向はないと表明。ツイッター買収を巡る不透明感が高まった。

一方、ツイッターは「合意した価格と条件で、実行可能な限り速やかに取引を完了することにコミットしている」と発表した。

原題:Goldman, JPMorgan Could Get $133 Million for Advising Twitter(抜粋)

More stories like this are available on bloomberg.com

著者:Michelle Davis

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT