なぜ日本では「イーロン・マスク」が出ないのか 大谷翔平や佐々木朗希は立派な世界一級なのに

✎ 1〜 ✎ 114 ✎ 115 ✎ 116 ✎ 最新
印刷
A
A

以下は、競馬予想のコーナーだ。

5月1日に、阪神競馬場で春の天皇賞(第11レース)が行われる。近年、率直にいってあまり盛り上がらない3200メートルの長距離戦だ。1着賞金は2億円と決して安くないのだが、かつての最強馬決定戦の趣はない。

さて、メンバーを見ると、実績的にタイトルホルダー(8枠16番)とディープボンド(8枠18番)の2頭が抜けている。

天皇賞は先行馬マーク有利と見てディープボンド本命

展開は、タイトルホルダーが前に行って、ディープボンドがこれをマークする形が想定される。マークする側が有利と見て、ディープボンドを本命とする。

対抗は当然タイトルホルダーなのだが、単穴にはテーオーロイヤル(4枠7番)を採る。2強の構図があまりにはっきりしているので、馬券的にはこの馬による一角崩しを狙うのが面白いかもしれない。

以下、長距離戦の常連であるアイアンバローズ(1枠1番)、シルヴァーソニック(8枠17番)、ユーキャンスマイル(2枠4番)を押さえとする。展開の紛れがあれば馬券になる可能性がある馬たちだ。

(当記事は「会社四季報オンライン」にも掲載しています)

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
ディズニー大転換「入園者数引き下げ」戦略の背景
ディズニー大転換「入園者数引き下げ」戦略の背景
トヨタ初のEV、サブスクで多難な船出
トヨタ初のEV、サブスクで多難な船出
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
ANAとJAL、燃油サーチャージ「空前の高値」の苦悩
ANAとJAL、燃油サーチャージ「空前の高値」の苦悩
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT