「美しい星、地球」を体感できる6分の映像

輝くオーロラから大都市の夜景まで

提供:ロイター

この美しい荘厳な映像は、正確にいうと、動画ではない。欧州宇宙機関のドイツ人宇宙飛行士、アレクサンダー・ゲルストさんが国際宇宙ステーション(ISS)滞在中に撮影した写真をつなげ合わせたものだ。

繋ぎ合わせた映像は、5分50秒ほどの映像になった。昨年11月に帰還するまでの約5か月の滞在期間中に撮影した1万2500 枚におよぶ写真を編集したものだ。北半球のオーロラ、巨大台風、大都市の夜景・・・宇宙からみた地球は、どんな芸術もかなわないほどの圧倒的な迫力がある。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 就職四季報プラスワン
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
銀行 地殻変動<br>先で待つ「不良債権地獄」の恐怖

コロナ危機を受け、銀行は政府の支援の下、積極的に「傘」を差し出し、融資をしています。しかし融資先には「危ない企業」も含まれ、下手をすれば不良債権によって屋台骨を揺るがしかねません。自ら大きく変わり始めた銀行の近未来を占います。