有料会員限定

年金大改正、「厚生年金」の対象拡大が見逃せない 2022年10月から短時間労働者の対象が広がる

✎ 1 ✎ 2 ✎ 3 ✎ 4 ✎ 最新
拡大
縮小

国民年金に厚生年金がプラスされ、もらえる年金が「2階建て」になる。

(写真:TY/PIXTA)

特集「年金の新常識」の他の記事を読む

これからは正社員でなくても、長い老後を安心して過ごしたい。生活費のベースとなる年金を増やすため、パートやアルバイトなど短時間労働者も、厚生年金に加入して少しでも長く働くことで、年金額を増やせる。

すでに2016年10月には、週20時間以上、賃金月8.8万円以上、勤務期間1年以上、501人以上の事業所、学生でないことをすべて満たす短時間労働者は、厚生年金(および健康保険)に加入できるようになった。

これが2022年10月から、勤務期間は「2カ月超」、事業所は「101人以上」へ、さらに2024年10月からは「51人以上」へと引き下げられ、対象者が一気に拡大する。

関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内