有料会員限定

「ねんきんネット」を使う人と使わない人の差 公的年金が不安なら「かんたん試算」が役立つ

✎ 1〜 ✎ 4 ✎ 5 ✎ 6 ✎ 7
拡大
縮小

「ねんきんネット」にはさまざまな機能があり、繰り下げ受給の金額も試算できる。

(写真:mits/PIXTA)

特集「年金の新常識」の他の記事を読む

年金手帳が廃止された今、毎年郵送される「ねんきん定期便」で、公的年金をチェックする人も多いと思う。だがそれより便利な「ねんきんネット」をご存じだろうか。

これは一度登録すれば、パソコンやスマートフォンから24時間、いつでも自分の公的年金の情報を確認できるサイトで、日本年金機構が提供しているものだ。

今回、都内大手企業に勤める部長職のA氏(55歳男性、新卒入社)の実際のデータを参照しながら、ねんきんネット(https://www.nenkin.go.jp/n_net/)の実践的な使い方について、簡単に説明してみたい。

自分の年金はいくらか

まず利用するには登録が必要で、「マイナポータルとの連携」「ユーザーIDの取得」と、2つの方法がある。マイナンバーカードを持っていない人は後者になる。

次ページさらに進むとわかることは?
関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料法人プランのご案内