有料会員限定

ライフスタイル別でわかる「年金を増やす方法」 それぞれのケースでポイントは大きく異なる

印刷
A
A

会社員と専業主婦、自営業夫婦、共働きディンクス、シングル・フリーランス、4つのケースを想定してみた。

(写真:Sergiy Tryapitsyn/PIXTA)

特集「年金の新常識」の他の記事を読む

ケース1 会社員&専業主婦

[繰り下げ受給を駆使し増額]

ケース1では会社員の夫と専業主婦の世帯をみる。

卓さん(55)は会社員として新卒で入社。厚生年金に加入し、年収は600万円だ。妻の理恵さん(52)は専業主婦で、基礎年金(国民年金)のみ加入している。

現状で受け取る見込みの年金は、卓さんが「年209万円(月17.4万円)」で、理恵さんが「年78万円(月6.5万円)」。いわば典型的な“昭和の夫婦”像であり、卓さんは65歳で無事、定年退職するつもりでいる。

まず年金を増やす方法で最も有効なのは「繰り下げ受給」だ。受給開始を、本来の65歳より1カ月遅らせるごとに年金は0.7%増え、70歳まで繰り下げると42%増額される。

そこで卓さんが選んだのが、老齢基礎年金の受給開始を70歳に繰り下げる一方、老齢厚生年金は本来の65歳から受給すること。65歳以降、同じ会社に「継続雇用」され70歳まで5年間嘱託社員として働くつもりだが、年収は現役より大幅に落ちて、240万円(月収20万円)とする。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内