東証の市場再編に届かない上場企業の「本音」 「こんな基準では意味がないと思っている」

印刷
A
A

かれこれ5年かけて実現した市場区分の見直し。海外投資家には響かず、日本の個人からも見捨てられ始めた東証の行方。

東証は「3匹のこぶた物語」で今回の市場再編をコミカルに描いているが…(記者撮影)

特集「ここがダメだよ東証改革」の他の記事を読む

4月4日から始動した東京証券取引所の新市場区分(プライム、スタンダード、グロース)。東証は市場再編について解説する特設ウェブサイトで「東証新市場区分がよくわかる! 3匹のこぶた物語」というマンガを公開している(上写真)。

その内容は、新たな市場区分の名称にちなんでプライムこぶた、スタンダードこぶた、グロースこぶたが登場し、「不景気オオカミ」と対峙するというもの。童話「3匹の子豚」では1匹目と2匹目の子豚の家がオオカミに襲われ吹き飛ばされるが、東証版では3匹とも無事という展開だ。

上場企業を「こぶた」に例えて、軽くいじるかのようなセンスもさることながら、内容にも苦しさが見え隠れする。スタンダードこぶたは、不景気オオカミに襲われても大丈夫な理由を「余裕余裕!日本の安定・安心はそれを支える技術あってこそ」「そしてつねに進化するからね」と説明するが、いま一つ要領を得ない。

漢字にルビが振ってあるわけでもなく、子ども向けコンテンツではなさそうだ。いったい誰に向けた、何のための情報発信なのだろうか。

大山鳴動してネズミ一匹

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
平気で「おにぎり」を買う人が知らない超残念な真実
平気で「おにぎり」を買う人が知らない超残念な真実
三井物産、肝煎りの「ロシアLNG」で正念場
三井物産、肝煎りの「ロシアLNG」で正念場
ニトリ、強気の「連続記録更新」を揺さぶる大試練
ニトリ、強気の「連続記録更新」を揺さぶる大試練
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内