有料会員限定

次期選挙の波乱要因に 民主党を離れるヒスパニック

印刷
A
A
2020年の大統領選挙では、多くのヒスパニックが民主バイデンではなく、共和トランプへの支持に転じた(Samuel Corum/The New York Times)

バイデン大統領と民主党への支持が低迷を続けている。世論調査によっては大統領支持率が時に40%を割り込む。歴史的な低さだ。世論調査会社ギャラップによれば、政権発足時には共和党を9ポイントも上回っていた民主党の支持率(四半期平均)が、昨年末には共和党に5ポイント離されて、逆転した。1995年初頭以来で約四半世紀ぶり、これも歴史的だ。

内政・外交での個々の失政、あるいは大統領個人の特性が支持低迷の理由なら挽回の余地もあろう。だが、低迷の背景は構造的だと考えたほうがよさそうだ。それを示すのがヒスパニック(中南米系)有権者の民主党離れである。

黒人やアジア系も含め、マイノリティー(少数派人種や女性など)を大きな支持基盤としてきたのが民主党である。かつて人種での少数派の最大グループといえば黒人で、50年代以降の黒人差別撤廃を主導してきたのは民主党だ。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内