有料会員限定

コロナ下の2%成長をどうみるか 少なくとも3つの点で「K字型」の懸念

印刷
A
A

昨年、中国は2.3%の経済成長を実現した。当局は経済運営に自信を深めるが、課題は残されたままだ。

中国は昨年、コロナ下でもプラスの成長を維持した。輸出も伸びている(ロイター/アフロ)

「わが国は多くの国で現れたK字型の復旧(復帰)を避けることができた」

中国社会科学院の蔡昉氏は昨年のコロナ封じ込め後の中国経済についてそう評する。アルファベットのKの右側は上向きと下向きの2方向に分かれる。Ⅴ字に急回復する業界と逆に谷底に向かう業界が併存するのがK字型だ。

1月18日に発表された2020年のマクロ経済統計によると、中国はプラス成長を維持した。新型コロナウイルスの影響で主要国が軒並みマイナス成長に転じる中で、中国経済の堅調さを世界に印象づけた。こうした状況を中国のエコノミストは、「一枝独秀(木の中で一枝だけ優れている)」と、詩の一節を引用し称賛する。

昨年のGDP(国内総生産)は、前年比で2.3%増、10~12月の第4四半期は前年同期比6.5%増で、事前の予想を上回った。通年で見ると、固定資産投資額が2.9%増、輸出額が4.0%増と成長を牽引した。他方で、小売総額は3.9%減と市民レベルではコロナ禍の影響が見られた。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内