有料会員限定

習近平の「人民に優しい」技術戦略 大衆にそう信じさせることができれば独裁体制は安泰だ

印刷
A
A

着々と成果を上げる国家主導の技術開発。それは日本の外部環境の激変を意味する。

中国の無人月面探査機「嫦娥5号」は月の土の持ち帰りに成功。習主席は自国の体制の優位を誇った(ロイター/アフロ)

習近平主席は人民に優しい。党幹部の腐敗を一掃し、縁故主義を廃し、「法に基づくガバナンス」を唱えて社会ルールを透明化した。ハイテク産業を育成し、環境を保護し、持続可能で豊かな社会の形成に励んだ。英明な主席が指し示す方向に突き進めば、人民はよりよい未来を得られる──大衆にそう信じさせることができれば、中国共産党の「民主集中制」、すなわち独裁体制は安泰だ。

今のところ、習近平はそれにかなり成功している。カギは科学技術だ。新型コロナウイルスの感染拡大は武漢で始まったが、デジタル技術を駆使したその抑え込みは功を奏した。2020年12月に月面探査機「嫦娥(じょうが)5号」が月の土を持ち帰ったニュースも国民を歓喜させた。習近平は後者を、中国の「新型挙国体制の優越性」がもたらした成果だと称賛した。

中共と自分の運命を同一視できる人々にとって、習近平体制はすばらしい。しかし、中共が主張する「中国」の枠内にいながら、中共に違和感を持ち続ける人々にとって、その成果は重苦しい。チベット、新疆、香港、台湾などでは、多くの人々が中共の監視の目と社会的な圧力にさらされてきた。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
長期強制入院、病院への強制移送、身体拘束、薬漬け…『ルポ・収容所列島: ニッポンの精神医療を問う』驚愕のリアルを著者に聞く(第3回)
長期強制入院、病院への強制移送、身体拘束、薬漬け…『ルポ・収容所列島: ニッポンの精神医療を問う』驚愕のリアルを著者に聞く(第3回)
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内