有料会員限定

稼ぐWebサービスを作る ニッチ分野に勝機あり

印刷
A
A

インターネットで稼ぐサービスを個人で開発する秘訣とは。

クラウドソーシングなどのプラットフォームで仕事を受注する以外に、個人でWebサービスを開発し、収益化する方法がある。だが大手IT企業によるサービスがしのぎを削る中、そうしたことが可能なのか。実践者3人に聞いた。

個人とメンターをマッチング

「自分が使いたいサービスを作ると、ヒットの確率は高まる」。そう語るのは入江慎吾さん(38)。プログラミング学習者とエンジニアをつなぐWebサービス「MENTA(メンタ)」を開発した。

プログラミング学習者とエンジニアをマッチングする「MENTA」。ランサーズに売却した

特集「在宅仕事図鑑」の他の記事を読む

入江さんはフリーランスのエンジニアとして受託開発を手がけていたが、「自分のサービスを開発したい」と一念発起。受託開発をやめ、自前でMENTAを開発し、2018年春にリリースした。

きっかけは自身の経験だった。プログラミングは難しかったが、かつて開発会社で先輩に教わり、習得することができた。同じように自分が学びたい分野で、ネット上で教えてくれる人(メンター)と出会えるサービスを起案した。

課題はユーザーとメンターをどう集めるか。考えたのはツイッターの活用だ。オープン前にツイッターで利用希望者を呼びかけると、テストユーザー、メンターともに200人近くが集まった。「満を持してオープンし、それからユーザーを集めるより、事前に集めて反応を探るほうがいい」と語る。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内