在宅仕事図鑑 おうちで稼ぐ、投資する!

印刷
A
A

コロナ禍で増えた在宅時間をどう使うか。自宅でできる副業も増えている。どんな在宅仕事があり、どれくらい稼げるのか。多くの実例から探る。

本誌:印南志帆、福田 淳、許斐健太

週刊東洋経済 2020年12/5号
書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。

特集「在宅仕事図鑑」の他の記事を読む

新型コロナウイルスの感染が再拡大している。出張を再び禁止したり、在宅勤務の比率を引き上げたりする企業もある。

長引くコロナ禍で在宅時間が増えたビジネスパーソンは多い。時間に余裕のできた人々の間で世代を問わず広がっているのが、この機会を生かして在宅で稼ごう、というニーズだ。勤務先の業績が悪化して収入が減り、本業以外で稼ぐことを迫られている人も少なくない。

内閣府が6月に発表した調査によると、感染拡大前と比べ約3割の人が将来の仕事や収入について考えるようになり、1割の人が新たに副業をしようと検討し始めた(「新型コロナウイルス感染症の影響下における生活意識・行動の変化に関する調査」)。

稼ぐと一口にいっても、手段や額はさまざまだ。サイトで不用品を販売するといった手軽なものから、仕事仲介サイトを通じて仕事を受注する、ネット証券を通じて投資をする、など。自分にできることは何か、どのようなサービスやツールを使えば効率的か。これまでの経験やスキルを棚卸しして、自分に合うものを見極める必要がある。在宅仕事の実例や注意点を見ていこう。

(本誌:印南志帆)

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
長期強制入院、病院への強制移送、身体拘束、薬漬け…『ルポ・収容所列島: ニッポンの精神医療を問う』驚愕のリアルを著者に聞く(第3回)
長期強制入院、病院への強制移送、身体拘束、薬漬け…『ルポ・収容所列島: ニッポンの精神医療を問う』驚愕のリアルを著者に聞く(第3回)
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内