有料会員限定

本業生かして単価を高く 在宅仕事図鑑 1

印刷
A
A

本業のスキルを活用すれば、1件数万円の高単価仕事も夢じゃない。

「10月の月収は約200万円でした」

藤﨑勝雄さん(32)は6年ほど前に、広告代理店に勤めながら副業を開始。今年4月にはフリーランスとして独立。コロナ下でも月収は順調に増えている。

副業で習得したスキルを本業でも生かすことができた藤﨑さん

特集「在宅仕事図鑑」の他の記事を読む

「会社員が月3万円給料を増やすのは大変ですが、副業ならすぐできるのではと思い、始めました」

藤﨑さんの副業は、本業と同じWebマーケティング。クライアント企業から依頼を受け、グーグルなどの検索結果画面向けにネット広告を出稿したり、30代女性など特定のターゲットにネット広告を出したりする仕事だ。その広告をきっかけに購入や問い合わせが増えなければ、次の仕事はないかもしれないシビアな世界だ。

大学を卒業して広告代理店に入社。最初の数年は「スキルや経験を身に付けなくてはと思い、がむしゃらに働きました」。さまざまな案件を担当してノウハウを得た段階で副業を始めた。インターネット上で仕事の仲介をしているクラウドソーシングサービスの大手、ランサーズに登録した。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内