有料会員限定

変わる名門公立校の序列 進学実績で逆転現象起こる?

印刷
A
A

東京、大阪、宮城に見る名門校同士の大学合格実績攻防戦。

名門校の実力を測るには、東京大学への合格実績を見るのが世の常だろう。首都圏の公立高ならなおさらだ。しかし、東大に京都大学の合格者数を合わせると違った風景が見えてくる。

東京|日比谷 vs. 西
東大・京大合計では西に軍配

今年、東大に公立高トップの40人を送り込んだ都立日比谷高等学校だが、京大に合格したのはわずかに1人。一方、東大・京大を合わせた合格者数では、都立西高等学校が42人(東大20人、京大22人)で日比谷を上回る。

西高の萩原聡校長は「理系の研究職などやりたいことがはっきりしている生徒の多くが、浪人してでも京大を目指す」と話す。

東京都杉並区にある都立西。1937年創立で80年超の歴史を持つ

特集「本当に強い高校」の他の記事を読む

西高では例年、OB会が中心となって「京大ツアー」「東大ツアー」を開く。大学の見学会だが、両方を見たうえで京大を選ぶ生徒が少なくない。「雰囲気が合っているか、実際に見たうえで決めている。親も『大学で勉強したいことがあるなら』と、下宿させることに抵抗がない」(萩原校長)。

西校の教育理念は「文武二道」。勉強も部活も「両方極める」という意味だ。実際、3年生の秋まで部活に打ち込み、そこから受験モードに切り替える生徒が少なくない。現役合格率は55%余りと高くないが、おおらかな校風は将来の職業にも影響を与えている。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ニトリ、強気の「連続記録更新」を揺さぶる大試練
ニトリ、強気の「連続記録更新」を揺さぶる大試練
ガストがあえて「低価格メニュー」の拡充に走る根本的な理由
ガストがあえて「低価格メニュー」の拡充に走る根本的な理由
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
本当に強い高校
早慶上理への最短ルート
東大、京大、難関国立大
Part5|大学合格力ランキング
ビリギャル教えた塾長が指南坪田塾 塾長 坪田信貴
コロナ禍の影響は?
他大への進学でも実績
Part4|大学付属校の真の魅力
政・財・官で威力発揮
国民民主党 玉木雄一郎代表
進学実績で逆転現象起こる?
Part3|名門公立校の底力
さらに充実した「高校無償化」
私立高の支援条件が2020年度から拡大
就職は理系大卒生より有利
東大・京大にも合格者
隠岐島前高に延べ150人以上が留学
Part2|子が際立つ選択肢
「eスポーツ部」が拡大中
部活でゲームをする時代
「オンライン対応力で差、指導書なぞる授業は淘汰」
インタビュー/西 和彦・元マイクロソフト副社長の教育論
ウィズコロナに不可欠
新受験時代の必須スキル
東大推薦で翠嵐と湘南を上回る
Part 1|新受験時代に勝つ高校
本当に強い高校
大学入試改革で学校の評価が激変
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内