有料会員限定

名門公立校人脈のすごさ 政・財・官で威力発揮

印刷
A
A

同窓会などを土台とした高校人脈力が出世にも影響している。

週刊東洋経済 2020年8/29号
書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。

特集「本当に強い高校」の他の記事を読む

名門高校のブランド力を支えているのは、有名大学への進学実績だけではない。OBたちが出世することで築き上げてきた「人脈力」も大きい。

新宿高人脈で原発事故処理に臨む
東京電力 勝俣恒久 元会長

(撮影:梅谷秀司)

そのネットワークの土台になっているのが、同窓会などのOB組織。私立・開成の同窓会「開成会」や灘OBの結束力は有名だが、公立も負けていない。

作曲家の坂本龍一や第28代日本銀行総裁の速水優、大蔵事務次官だった斎藤次郎らを輩出した都立新宿高等学校。ここの同窓会組織「朝陽会(ちょうようかい)」はとくに結束が固い。

新宿高のあるOBは「かつて国鉄、東電、東京ガス、新日鉄など主要なインフラ企業ではどこでも朝陽会があって、集まって飲めば親近感が湧く。担任の話などでよく盛り上がった」と語る。

東京電力で朝陽会メンバーとして2002年、初めて社長に上り詰めたのが勝俣恒久。その年に東京支店副支店長に昇進したのが13期後輩の広瀬直己だった。広瀬は福島原発の事故を受け勝俣が会長を辞任したとき、社長に就任する。そのとき常務から副社長に昇格したのが、広瀬の1期下の石崎芳行。同時に常務お客さま本部長からグループ会社社長に転じた高津浩明は、広瀬の同級生だ。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
本当に強い高校
早慶上理への最短ルート
東大、京大、難関国立大
Part5|大学合格力ランキング
ビリギャル教えた塾長が指南坪田塾 塾長 坪田信貴
コロナ禍の影響は?
他大への進学でも実績
Part4|大学付属校の真の魅力
政・財・官で威力発揮
国民民主党 玉木雄一郎代表
進学実績で逆転現象起こる?
Part3|名門公立校の底力
さらに充実した「高校無償化」
私立高の支援条件が2020年度から拡大
就職は理系大卒生より有利
東大・京大にも合格者
隠岐島前高に延べ150人以上が留学
Part2|子が際立つ選択肢
「eスポーツ部」が拡大中
部活でゲームをする時代
「オンライン対応力で差、指導書なぞる授業は淘汰」
インタビュー/西 和彦・元マイクロソフト副社長の教育論
ウィズコロナに不可欠
新受験時代の必須スキル
東大推薦で翠嵐と湘南を上回る
Part 1|新受験時代に勝つ高校
本当に強い高校
大学入試改革で学校の評価が激変
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内