有料会員限定

早慶・GMARCH・関関同立への近道、人気付属校への入り方 Part4|大学付属校の真の魅力

印刷
A
A

系列大学に高い確率で進める付属・系属校。目的意識が明確であれば、そのメリットは多い。

慶応大の三田キャンパス。一貫校と呼ばれる慶応の付属校は卒業生のほぼ全員が慶大に進める(撮影:尾形文繁)

特集「本当に強い高校」の他の記事を読む

週刊東洋経済 2020年8/29号
書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。

早慶(早稲田、慶応)やGMARCH(学習院、明治、青山学院、立教、中央、法政)、関関同立(関西、関西学院、同志社、立命館)をはじめとする大学付属校の人気が沸騰している。中学受験、高校受験において、多くの付属校が前年を上回る受験生を集めている。

付属校の人気が高まっている要因は大きく分けて2つある。1つは、文部科学省が進めてきた私立大学の定員厳格化だ。大都市圏の私立大学の一般入試合格者が絞り込まれ、難関大学への合格が狭き門となっている。もう1つは、2021年から始まる大学入試改革で、入試傾向がつかめないことだ。難関私大へと進学する確率を少しでも高めるために、付属校を選ぶ動きが強まっているのだ。

大学の付属校といっても、大学と同一法人内に設置されている学校、大学と連携関係を持つ系属校とさまざまな形態があり、学校によって系列の大学への内部進学率は異なる(下表)。

例えば、同じ早稲田大学系列でも、早稲田大学高等学院、早稲田実業学校は卒業生のほぼ全員が早大に進学するのに対し、早稲田中学・高等学校の内部進学率は5割程度。ただ、早稲田中・高は進学校としての面もあり、難関国公立大学や医学部など他大学への進学でも高い実績を出している。このように学校によって性格は異なるが、一般の中学や高校と比べれば高い確率で大学に進学できるのは魅力だ。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
「からあげ」業界、激烈なブームの「賞味期限」
「からあげ」業界、激烈なブームの「賞味期限」
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
本当に強い高校
早慶上理への最短ルート
東大、京大、難関国立大
Part5|大学合格力ランキング
ビリギャル教えた塾長が指南坪田塾 塾長 坪田信貴
コロナ禍の影響は?
他大への進学でも実績
Part4|大学付属校の真の魅力
政・財・官で威力発揮
国民民主党 玉木雄一郎代表
進学実績で逆転現象起こる?
Part3|名門公立校の底力
さらに充実した「高校無償化」
私立高の支援条件が2020年度から拡大
就職は理系大卒生より有利
東大・京大にも合格者
隠岐島前高に延べ150人以上が留学
Part2|子が際立つ選択肢
「eスポーツ部」が拡大中
部活でゲームをする時代
「オンライン対応力で差、指導書なぞる授業は淘汰」
インタビュー/西 和彦・元マイクロソフト副社長の教育論
ウィズコロナに不可欠
新受験時代の必須スキル
東大推薦で翠嵐と湘南を上回る
Part 1|新受験時代に勝つ高校
本当に強い高校
大学入試改革で学校の評価が激変
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内