「オンライン対応力で差、指導書なぞる授業は淘汰」 インタビュー/西 和彦・元マイクロソフト副社長の教育論

印刷
A
A
須磨学園 学園長 西 和彦(にし・かずひこ) 1956年生まれ。77年早稲田大学理工学部在籍中にアスキー出版(現アスキー)設立。79年米マイクロソフトの極東担当副社長、80年取締役新技術担当副社長。99年工学院大学で博士号(情報学)。2001年須磨学園の学園長、現在に至る。17年東京大学大学院工学系研究科IoTメディアラボラトリーの設立に関わり、ディレクター就任。須磨学園創立者の孫で、西泰子須磨学園理事長は実妹。(撮影:今井康一)

特集「本当に強い高校」の他の記事を読む

週刊東洋経済 2020年8/29号
書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。
神戸市にある中高一貫校、須磨学園中学校・高等学校は、新型コロナウイルスの感染拡大により対面授業が制約される中、オンライン授業を早期に開始した。学園を率いているのは、元米マイクロソフト副社長で、日本のITビジネス界を草創期から牽引してきた西和彦学園長だ。西学園長に学園のオンライン授業の対応、ICT(情報通信技術)教育のあり方について聞いた。

──須磨学園はかなり以前からICT教育に力を入れていると聞いています。

私がマイクロソフトにいたこともあり、須磨学園のICTに関してはパソコンが出てきた1980年代から推進してきました。

2000年前後にインターネットが普及してきたが、まずはそれを使った調べ学習を取り入れた。オンライン授業もその頃から試しています。当時はインターネットのスピードが遅く20秒以上の配信ディレーがあった。そういうことは試さないとわからない。一方で、カメラ2台で撮影して、「3Dで授業を配信」といったいろんな試みもしている。でも、「インターネットで授業を配信すること」がコアな部分だということはわかっていたので、それをひたすらターゲットにしました。

──須磨学園ではコロナ禍で、どのようなオンラインの授業対応を行ったのでしょうか。

まず入学式を中継で行いました。さらに始業式や生徒同士の対面式も中継し、その結果を受けて「これは授業もやらないといけない」と大号令をかけた。2、3日で授業を全部インターネットで配信できるようにしました。好評だったが、すべての授業を配信するのは教員への負荷が大きくものすごく大変でした。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
「からあげ」業界、激烈なブームの「賞味期限」
「からあげ」業界、激烈なブームの「賞味期限」
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
本当に強い高校
早慶上理への最短ルート
東大、京大、難関国立大
Part5|大学合格力ランキング
ビリギャル教えた塾長が指南坪田塾 塾長 坪田信貴
コロナ禍の影響は?
他大への進学でも実績
Part4|大学付属校の真の魅力
政・財・官で威力発揮
国民民主党 玉木雄一郎代表
進学実績で逆転現象起こる?
Part3|名門公立校の底力
さらに充実した「高校無償化」
私立高の支援条件が2020年度から拡大
就職は理系大卒生より有利
東大・京大にも合格者
隠岐島前高に延べ150人以上が留学
Part2|子が際立つ選択肢
「eスポーツ部」が拡大中
部活でゲームをする時代
「オンライン対応力で差、指導書なぞる授業は淘汰」
インタビュー/西 和彦・元マイクロソフト副社長の教育論
ウィズコロナに不可欠
新受験時代の必須スキル
東大推薦で翠嵐と湘南を上回る
Part 1|新受験時代に勝つ高校
本当に強い高校
大学入試改革で学校の評価が激変
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内