有料会員限定

海外ドラマ&コメディーで使える日常英会話を学ぶ 動画配信サービスを徹底活用

✎ 1〜 ✎ 5 ✎ 6 ✎ 7 ✎ 最新
拡大
縮小

ドラマやコメディーは英語教材の宝庫。だが作品選びや視聴法にコツがある。

VODは作品数が多すぎて、何を見ればいいかわからないという戸惑いの声も少なくない

特集「最短やり直し英語」の他の記事を読む

日本人が口をそろえて苦手と語るのが、英語による雑談。英語ではsmall talkと呼ばれるが、この苦手のメカニズムは驚くほど単純だ。英語の日常会話で頻繁に使われる語彙やフレーズを、日本の英語教育ではさほど学んでこなかったことに加え、そうした英語を聞く機会が日常生活ではほとんどないことが問題なのだ。

つまり雑談で使う『駒』が圧倒的に不足している状態なわけだが、これを補うことができるのが、海外のドラマとコメディー番組だ。いずれも生きた英語表現がどんな場面で使われるのかがわかる。そこで見聞きした英語は、自身が同じ状況に置かれたときに自信を持って使うことができる。正しい発音の手本があり、リスニングとスピーキングの強化にもなる。

英語教材プロデューサーの有子山(うじやま)博美氏は著書『留学しないでネイティブ英語を身につける方法』や学習情報サイト「Romy's English Cafe」などで、ドラマ・コメディー視聴の学習法をレクチャーしている。自身もドラマ&コメディー視聴を学習の柱として、使える英語力を手に入れた。

関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
最短やり直し英語
定年後からでも十分に間に合う
eメールで英語を制す!
モジモジ英語からの脱却、ビジネス会話の処方箋
PART4 ビジネス活用編|苦手意識を打ち破れ!
2020年度から教育改革がスタート
正しいトレーニング方法を指導
動画配信サービスを徹底活用
事前の準備は欠かせない
中学英文法からTOEIC900点レベルまで
知らないとソンする最強の英語学習ツール
PART3 トレーニング編|気軽に始められるのは魅力だが…
TOEIC500〜600点台|まずは弱点の把握から!
TOEIC500点以下|目指せ日本人平均の517点以上!
PART2 TOEIC編|企業が求めるのは700点以上
ビジネスの現場で鍛錬
PART1 やり直し編|やり直し英語・超入門
インタビュー|プロ5人が教える
最短やり直し英語
英語学習は「プロジェクト」だ
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内