有料会員限定

国公立大なら東海、灘、洛南 私立医大に強い桜蔭、巣鴨 衰えない医学部人気

✎ 1〜 ✎ 12 ✎ 13 ✎ 14 ✎ 最新
拡大
縮小
愛知県の東海高は全国一の医学部進学実績を誇る

特集「医学部&医者の大問題」の他の記事を読む

医学部人気が続いている。そのきっかけとなったのが、2008年から始まった医師不足を解消するための医学部の定員増だ。下図のように、08年比で1626人、20.9%も定員が増えて9419人となった。これに呼応するように、志願者は08年から増え始めている。08年と今年を比べると35.5%増え、14万人を超える志願者数となった。

08年秋のリーマンショック後、大学生の就職難が到来する。受験生に国家資格を得て就職を有利にしたいとの考えが強まり、医療系学部の人気が高まった。中でも理系学部志望の優秀な受験生は医学部を目指すようになった。当然入試は厳しさを増す。どの大学も偏差値60を超える難関ぶりだ。

それが、15年から文系学部卒業生の就職状況が改善し、入試では文系人気が高くなってきた。その影響もあって医学部は、国公立大学は14年をピークに、志願者が減少。私立大学の志願者はその後も増え、根強い人気といえよう。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
医学部&医者の大問題
医師本音座談会
»»Part3 若手医師が拓く未来
医療の安全をどう守るか
新専門医制度の課題
患者が来たら拒めない
「女性医師では現場は回らない」は本当か(4)
「女性医師では現場は回らない」は本当か(3)
「女性医師では現場は回らない」は本当か(2)
「女性医師では現場は回らない」は本当か(1)
地方の病院ほど高収入
超高齢化、グローバル化で医者の仕事内容が激変
»»Part2 医者のキャリア&働き方
灘、ラ・サールを超えろ
衰えない医学部人気
私立大「裏の入試方針」とは
どこまで落ちる?
Interview|全国医学部長病院長会議 会長 山下英俊
東京医大不正入試の全貌
»»Part1 東京医大事件はどう影響? 医学部人気の光と影
入試から働き方まで徹底解剖───
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内