有料会員限定

少子化時代に生き残り懸け学費引き下げ、入試改革へ »»Part1 東京医大事件はどう影響? 医学部人気の光と影

印刷
A
A

東京医大事件などまるでなかったかのように、医学部人気は健在だ。しかし、将来の少子化をにらみ、医学部・医科大の生き残り競争は始まっている。

特集「医学部&医者の大問題」の他の記事を読む

「東京医科大学が採択されたのを見て、よく通ったな、と不思議に思っていた」

ある私立大学の幹部は、東京医大事件について、そう振り返る。汚職の舞台となった文部科学省の私立大学研究ブランディング事業(研究活動を支援する補助金を交付)に採択されたのは、関東地域では総合大学が多かったからだ。

しかし、受験生や保護者の医学部熱は、東京医大事件などどこ吹く風だ。7月に都内で開催された医学部受験セミナー。会場は親子連れや高校生であふれている。

私立大で最も学費の安い国際医療福祉大学(千葉県成田市)は「8月の2日間で2400人の枠はすぐにいっぱいになった」とうれしい悲鳴を上げる。

ただ、さすがの医学部人気にも、少しずつ少子化の影が差し始めている。足元の18歳人口は120万人前後で推移しているが、2020年代以降、再び減り始める。医学部受験予備校大手・富士学院の坂本友寛学院長は「今年に入り、生徒数が減って医学部専門予備校の破綻が出始めている。昨年あたりから受講料のダンピングも起きている」と表情を曇らせる。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
医学部&医者の大問題
医師本音座談会
»»Part3 若手医師が拓く未来
医療の安全をどう守るか
新専門医制度の課題
患者が来たら拒めない
「女性医師では現場は回らない」は本当か(4)
「女性医師では現場は回らない」は本当か(3)
「女性医師では現場は回らない」は本当か(2)
「女性医師では現場は回らない」は本当か(1)
地方の病院ほど高収入
超高齢化、グローバル化で医者の仕事内容が激変
»»Part2 医者のキャリア&働き方
灘、ラ・サールを超えろ
衰えない医学部人気
私立大「裏の入試方針」とは
どこまで落ちる?
Interview|全国医学部長病院長会議 会長 山下英俊
東京医大不正入試の全貌
»»Part1 東京医大事件はどう影響? 医学部人気の光と影
入試から働き方まで徹底解剖───
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内