有料会員限定

群馬大病院は氷山の一角 頻発する医療事故の真相 医療の安全をどう守るか

印刷
A
A
医療事故を受けて会見で頭を下げた群馬大学の平塚浩士学長(左)ら(2016年8月)(時事)

特集「医学部&医者の大問題」の他の記事を読む

群馬大学医学部附属病院(以下、群大病院)で、同一医師による肝胆膵手術を受けた患者が相次いで死亡していた問題で、この8月10日に病院側と和解が成立したと遺族会が公表した。

この問題は、2010~14年の間に腹腔鏡手術を受けた患者のうち8人が相次いで死亡していたことを、14年11月に読売新聞がスクープして発覚。その後、開腹手術でも死亡例のあることがわかり、日本外科学会の調査対象となった死亡例50例のうち30例が同一医師の執刀によるものと判明した。

執刀医の未熟な技術と院内ライバルとの確執

外科医なら誰もが術後に患者が死亡する事例を経験する。だが、一人の外科医がわずか数年の間に、30人もの患者を失うことはまずない。なぜ、こんな重大な事態が発生したのか。

病院が依頼した有識者による医療事故調査委員会が指摘したのは、第一に、執刀医が未熟であるのに高度な技術を要する手術に挑んだことだ。肝胆膵手術は消化器外科の中でも高難度の手術とされている。にもかかわらず執刀医は、開腹でも難しい症例に、より高度な技術が求められる腹腔鏡手術で挑んでいた。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
医学部&医者の大問題
医師本音座談会
»»Part3 若手医師が拓く未来
医療の安全をどう守るか
新専門医制度の課題
患者が来たら拒めない
「女性医師では現場は回らない」は本当か(4)
「女性医師では現場は回らない」は本当か(3)
「女性医師では現場は回らない」は本当か(2)
「女性医師では現場は回らない」は本当か(1)
地方の病院ほど高収入
超高齢化、グローバル化で医者の仕事内容が激変
»»Part2 医者のキャリア&働き方
灘、ラ・サールを超えろ
衰えない医学部人気
私立大「裏の入試方針」とは
どこまで落ちる?
Interview|全国医学部長病院長会議 会長 山下英俊
東京医大不正入試の全貌
»»Part1 東京医大事件はどう影響? 医学部人気の光と影
入試から働き方まで徹底解剖───
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内