有料会員限定

新築に負けないリノベの活用術 攻めの不動産投資

✎ 1〜 ✎ 3 ✎ 4 ✎ 5 ✎ 最新
拡大
縮小

物件の価値を高めるリノベ。まずはトレンドを押さえよう。

築38年の和室が若者受けするデザインに変貌。リノベ完了を待たずに成約し、毎月の家賃も8000円アップした

特集「不動産投資サバイバル」の他の記事を読む

不動産投資の最大のリスクはやはり空室だ。アパートやマンションが乱立する中で空室を防ぎ、埋めることは容易ではない。“新築信仰”の根強い日本で勝ち続けるためにも、ここ最近、投資家の注目を集めているリノベーション業界のトレンドを押さえておきたい。

投資用物件で空室が出たとき、大抵のオーナーは原状回復のために小規模な改装を行う。内壁や天井の白い壁紙を張り直し、フローリングを張り替えるのが一般的だ。そのため、住宅情報サイトに掲載される物件のほとんどが似たような内装になる。差別化しようにも立地は買った後に変えられず、家賃も下げたくない。

そんな悩める投資家に、デザイン性が高く個性的なリノベを提案しているのが、金沢地盤のクラスコグループだ。

同社のサービス「リノッタ」のデザインは250種類超。たとえば、3月に提供を開始した「HAWAII LIFE」は、その名のとおりハワイの住宅をコンセプトにしたリノベだ。

半年以上空室だったが、壁一面にハワイの海をイメージした壁紙を張り、リノベ完了前に成約した

半年空室の苦戦物件がリノベ完了前に成約

築45年と古く、半年以上も空室だった物件の壁一面にハワイアンブルーの海をイメージした柄物の壁紙を、天井・床にはヴィンテージ風の木材の画像を印刷したシートを張った。すると、リノベの完了を待たずして、すぐに借り主が決まったという。

関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内