有料会員限定

僕らがはまった借金地獄 「かぼちゃの馬車」オーナー座談会

印刷
A
A

「かぼちゃの馬車」のオーナーは実際にどんな経緯で購入に至ったのか。オーナー3人に話を聞いた。

特集「不動産投資サバイバル」の他の記事を読む

 [参加メンバー]
 Aさん:30代、男性、会社員
 Bさん:50代、女性、会社員
 Cさん:50代、男性、会社員

──購入に至った経緯は。

Aさん 2017年夏にスナックで1人で飲んでいるとき、スマートデイズの物件の販売会社の担当者と知り合った。ワンルームマンション投資をしていると話したら、シェアハウスを勧められた。

1棟ものはやったことがなかったので不安はあったが、民泊などで活用する手もあるし、賃料以外の人材斡旋料なども入ると聞いて納得してしまった。

買ったのは1棟で1億4000万円。管理手数料とローン返済を引いて月15万円ほど残る計算だった。9月に初めてスルガ銀行の担当者と会い、2週間くらい後に融資契約を結んでしまった。

その後、賃料が減額されていると報じられ販売会社に連絡したが、経営的に問題なく、これから物件を建てるオーナーは最低2年間は入金を保証すると言われた。12月に着工し、1月下旬に家賃ストップが明るみに出た。建築をやめさせて今に至る。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内