有料会員限定

いま気になる6大投資テーマ EV、仮想通貨…

印刷
A
A

市場急拡大が見込める銘柄を今のうちに仕込もう。

イラスト:熊野友紀子

特集「先読み投資術」の他の記事を読む

株式相場が調整局面に入った今こそ、将来を見越して仕込んでおくべき銘柄がある。ここでは飛躍的な市場拡大が将来見込める六つのテーマに絞って見ていこう。EV関連ではトヨタ自動車関連株に見直し機運が膨らんでいる。電池、人工知能、RPA関連にも将来の有望株が隠れていそうだ。仮想通貨、インフラ輸出関連は先が見通しづらいが無視できないテーマといえそうだ。

1. EV

2017年はEV(電気自動車)ブームが鮮明だった。世界の自動車メーカーの株価騰落率はEVへの姿勢で明暗が分かれたといっても過言ではない。

25年までに50車種のEVを投入すると発表するなど積極姿勢を見せた独フォルクスワーゲンが29%株価を上げ、EVで先行してきた米ゼネラル・モーターズの株価も21%上昇した。これに対して、EVに消極的とされたトヨタ自動車は3%の上昇にとどまっていた。

ただ昨年10月以降は様相が異なっている。EVの先駆者である米テスラの新車生産遅れが明らかになってテスラ株が下落する一方、トヨタ株は堅調に推移している。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
ロシア発「合板ショック」、住宅価格へも波及する激震
ロシア発「合板ショック」、住宅価格へも波及する激震
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
先読み投資術
「年利7~8%」は事業者次第
儲けがないのに課税される事態も
意外にも相場は回復?
世界経済の牽引役
投信、ラップ、ロボアド…
»»Part2 資産運用の新常識
つみたてNISA&iDeCo向け
税制優遇の追い風に乗る
個人投資家に「漁夫の利」
訳ありでも伸びる
知名度の高い企業も多い
株主還元強化に期待
市場の注目度も高まる
安定感が大きな魅力
来期増益率10%以上の厳選銘柄
EV、仮想通貨…
すご腕投資家 誌上座談会
世界最大の資産運用会社に聞く
»»Part1 急変相場の対処法
先読み投資術
荒波相場に負けない
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内