有料会員限定

本当に儲かる商品の選び方 投信、ラップ、ロボアド…

印刷
A
A

世の中にあふれる投資商品。手数料を中心に違いを把握しておこう。

イラスト:熊野友紀子

特集「先読み投資術」の他の記事を読む

資産運用には興味があるが、投資に必要となる知識も時間もない──。悩める個人にとって強い味方となるのが、運用のプロの力を借りることのできる投資商品やサービスだ。

まず定番中の定番といえるのが投資信託。複数銘柄の株式や、株式と債券の両方で運用しているので、一つの投信を通じて分散投資が手軽にできる。最低投資額も低い。

近年契約数の伸びたラップ型商品も、プロが代わりとなってくれるサービスだ。顧客が預けた資金を、その人の投資目的やリスク許容度に基づいて運用してくれる。投信での運用に限定したファンドラップがよく知られている。ラップ口座だとコース専用の特別な商品を扱う代わりに最低1000万円などからの利用となる一方、ファンドラップの最低投資金額は300万~500万円が多い。

しかし投信、ファンドラップともに手数料の高さには注意する必要がある。投信であれば、証券会社や銀行などの販売会社から取得する場合に取られる販売手数料、運用会社などに日々支払う信託報酬がかかる。ファンドラップの場合は購入した投信の信託報酬に加え、投資一任受任料とファンドラップ手数料がかかる。野村証券や大和証券の場合だと、最大で年3%近くになる。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
平気で「おにぎり」を買う人が知らない超残念な真実
平気で「おにぎり」を買う人が知らない超残念な真実
三井物産、肝煎りの「ロシアLNG」で正念場
三井物産、肝煎りの「ロシアLNG」で正念場
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ニトリ、強気の「連続記録更新」を揺さぶる大試練
ニトリ、強気の「連続記録更新」を揺さぶる大試練
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
先読み投資術
「年利7~8%」は事業者次第
儲けがないのに課税される事態も
意外にも相場は回復?
世界経済の牽引役
投信、ラップ、ロボアド…
»»Part2 資産運用の新常識
つみたてNISA&iDeCo向け
税制優遇の追い風に乗る
個人投資家に「漁夫の利」
訳ありでも伸びる
知名度の高い企業も多い
株主還元強化に期待
市場の注目度も高まる
安定感が大きな魅力
来期増益率10%以上の厳選銘柄
EV、仮想通貨…
すご腕投資家 誌上座談会
世界最大の資産運用会社に聞く
»»Part1 急変相場の対処法
先読み投資術
荒波相場に負けない
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内