有料会員限定

米中の優良銘柄を発掘 世界経済の牽引役

✎ 1〜 ✎ 3 ✎ 4 ✎ 5 ✎ 最新
拡大
縮小

米中の2大経済大国には、伸び盛りの優良企業がたくさんある。

動画配信のネットフリックスは、優良なネットコンテンツで成長を続ける

特集「先読み投資術」の他の記事を読む

伸びしろが大きい米国80銘柄の実力

米国株式市場は2016年11月のトランプ氏の大統領当選以来、堅調な値動きが続いてきたが、2月の世界的な株安以降、調整が続いている。

そんな米国株にさらに不安定要因が加わった。米政府が鉄とアルミの関税引き上げを公表したのだ。異例の輸入制限は米製品の価格上昇につながり消費を抑制するおそれがある。経済にとっても米国株にとってもマイナスだ。

それでも中長期的な米国株への安心は揺るがないだろう。それは人口成長が続き、世界経済を牽引する技術革新(イノベーション)がつねに起きているからだ。トランプ政権による迷走ぎみの貿易政策によって、一時的なマイナス影響があるかもしれないが、基本的には米経済の足腰はしっかりしている。米株価への高値警戒が強まったのも、米経済の回復が順調で、利上げのピッチが市場の想定より速まるのではないかとの観測が一因だった。企業業績に黄信号が灯ったわけではない。

S&P500採用銘柄のうち、直近実績が2期連続2ケタ増益(利益は調整後純利益)で、今期予想EPS(1株当たり利益)増益率が上位の40銘柄を、下表に示した。米国だけでなく世界のリーディングカンパニーがいくつも並ぶ。予想EPS増益率が高いにもかかわらず、予想PERは10〜20倍台が多い。これは相対的に割安な銘柄が含まれていることを意味している。

関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
先読み投資術
「年利7~8%」は事業者次第
儲けがないのに課税される事態も
意外にも相場は回復?
世界経済の牽引役
投信、ラップ、ロボアド…
»»Part2 資産運用の新常識
つみたてNISA&iDeCo向け
税制優遇の追い風に乗る
個人投資家に「漁夫の利」
訳ありでも伸びる
知名度の高い企業も多い
株主還元強化に期待
市場の注目度も高まる
安定感が大きな魅力
来期増益率10%以上の厳選銘柄
EV、仮想通貨…
すご腕投資家 誌上座談会
世界最大の資産運用会社に聞く
»»Part1 急変相場の対処法
先読み投資術
荒波相場に負けない
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内