有料会員限定

圧力強める物言う株主 個人投資家に「漁夫の利」

印刷
A
A

目立ち始めた物言う株主による株主提案の動き。その動きは個人投資家にも無縁ではない。

イラスト:熊野友紀子

特集「先読み投資術」の他の記事を読む

大幅増配や経営改革を求める「物言う株主」の声は、短期的な株価急伸の材料になるだけでなく、株式の投資価値を高める可能性もある。その観点でいま最も注目されているのは、独立系投資会社スパークス・アセット・マネジメントが今年1月に公にした帝国繊維に対する株主提案だろう。

帝国繊維は東証1部上場の防災用品会社。スパークスが投資先に選定した理由は、本業の堅実な成長性にあった。消防用ホースを軸に除染用の防護服、危険物探知機などにも手を広げ、業績は右肩上がりで推移してきた。スパークスは何に不満を抱いたのか。服部英明執行役員は内部留保の「貯め込みすぎ」を指摘する。

同社が10年前と直近のバランスシートを比較したところ、帝国繊維は利益剰余金の増加分をほぼ現預金や有価証券として蓄積。しかも本業とのシナジーが薄い中堅不動産ヒューリックとの持ち合い株式と現預金が合計400億円を超える。総資産が600億円前後にもかかわらず「金融資産が過大」(服部氏)で、本業で利益を上げても使うあてのない現預金が増え続けるため、資本効率は低下する一方だという。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
先読み投資術
「年利7~8%」は事業者次第
儲けがないのに課税される事態も
意外にも相場は回復?
世界経済の牽引役
投信、ラップ、ロボアド…
»»Part2 資産運用の新常識
つみたてNISA&iDeCo向け
税制優遇の追い風に乗る
個人投資家に「漁夫の利」
訳ありでも伸びる
知名度の高い企業も多い
株主還元強化に期待
市場の注目度も高まる
安定感が大きな魅力
来期増益率10%以上の厳選銘柄
EV、仮想通貨…
すご腕投資家 誌上座談会
世界最大の資産運用会社に聞く
»»Part1 急変相場の対処法
先読み投資術
荒波相場に負けない
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内