有料会員限定

これからの仮想通貨投資 意外にも相場は回復?

印刷
A
A

取引価格は2017年のピークからほぼ半値に。それでも始めたい人が押さえるべきコツとは。

イラスト:熊野友紀子

特集「先読み投資術」の他の記事を読む

国内取引所大手・コインチェックでの大規模な流出事故によって、仮想通貨投資ブームは一気に冷や水を浴びせられた。これから仮想通貨を購入する人たちはどんな姿勢で臨めばいいのか。

まずはこれまでの相場を振り返ろう。2017年のビットコイン(BTC)価格は12月に一時226万円まで高騰し、1年間で20倍超となった。未曾有のバブルの恩恵を受け、17年は「億り人」(仮想通貨建ての資産が1億円を超えている人)が続出したようだ。17年前半から投資を始めた多くの仮想通貨投資家にとって、わが世の春ともいえる状況だっただろう。

しかし、仮想通貨に対し各国が規制を強化するという報道が年明けから相次ぎ、1月中旬にBTC価格は106万円まで下落。1月26日に発生したコインチェック事件が追い打ちをかけ、2月上旬には65万円まで下げた(価格は取引所大手・ビットフライヤー)。

G20や広告宣伝が相場回復の期待材料

3月上旬時点のBTC価格は110万円〜120万円台前半まで持ち直しているが、ある20代後半の男性投資家は「125万円を超えられない展開が続いている。BTCの取引量も減っており、昨年末のような盛り上がりはない」と話す。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
生保レディ、昇格しても固定給が下がる理不尽
生保レディ、昇格しても固定給が下がる理不尽
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
先読み投資術
「年利7~8%」は事業者次第
儲けがないのに課税される事態も
意外にも相場は回復?
世界経済の牽引役
投信、ラップ、ロボアド…
»»Part2 資産運用の新常識
つみたてNISA&iDeCo向け
税制優遇の追い風に乗る
個人投資家に「漁夫の利」
訳ありでも伸びる
知名度の高い企業も多い
株主還元強化に期待
市場の注目度も高まる
安定感が大きな魅力
来期増益率10%以上の厳選銘柄
EV、仮想通貨…
すご腕投資家 誌上座談会
世界最大の資産運用会社に聞く
»»Part1 急変相場の対処法
先読み投資術
荒波相場に負けない
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内