アマゾン、リアルを食い尽くす3つの仕掛け

米国の小売り大手も戦々恐々

最後は、「amazonDash」だ。これは細長い機器で、キッチン近くに置かれることを想定されている。ユーザーが食品名を声で呼びかける、あるいは商品のバーコードを読み込むと、アマゾンがすぐさまその注文を送ってくれる仕組みである。発注がしやすければ売り上げは増えるだろうという目算での仕掛けでもある。

このサービスはさらなる発展をにらんでいる。アマゾンは家じゅうにセンサーを張り巡らせる実験を実施した。なぜ、センサーを張り巡らせる必要があるのか。それは、家じゅうの日用品不足を察知するためだ。

たとえば、換気扇近くに設置されたセンサーは、フィルターの汚れを教えてくれるかもしれないし、冷蔵庫に設置されたセンサーは、冷凍食品の不足を教えてくれるかもしれない。もちろん、「補充はワンクリックでアマゾンに注文できますよ」と表示するのを忘れないだろう。

センサーで足りない商品を探し出す

それを具現化しようと、アマゾンが投入したのが日本語で「やまびこ」と呼ぶ新商品。2014年11月6日に姿を表した、その名を「amazon echo」という。黒い筒状のもので、センサーをいくつも携え、家庭じゅうの機器とつながっており、ステレオや照明をつけたり、話しかけてくれたり、またネットを通じて調べ物をしてくれたりする。遠い部屋からも家族の発言を拾い、反応してくれる。さらに凄いのは(というか当たり前のように)、買い物補助をしてくれることだ。

アマゾンはひたすら早く、ひたすら安く、を追い求め、倉庫にロボットを入れた。人間=労働者は不要となり、ひたすら効率化を求め、低コスト化にも余念がない。2014年は、どの側面を切ってもアマゾンから驚かされる年だった。安くて早くて、品揃えが良いアマゾンに依存する私たちの状況が良いのか悪いのか。私は判断できずにいるが、この徹底した姿勢を少し恐いとも感じている。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
  • 本当は怖い住宅購入
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT