有料会員限定

試されるベンチャー企業の「4億円調達」 ICOは事業開発の民主化か

印刷
A
A
ICOに至る経緯を語るアリスの経営陣。左から技術担当の石井壮太氏、CEOの安昌浩氏、マーケティング担当の水澤貴氏(撮影:今井康一)

特集「ゼロから分かるビットコイン」の他の記事を読む

リクルート出身者が旗揚げ

資本金100万円で会社を設立して2年目、サービスも開始していない日本のベンチャー企業がICO(イニシャル・コイン・オファリング)を実施し、億単位の資金を調達したことが話題になっている。

その企業はALIS(アリス)。CEO(最高経営責任者)はリクルートキャリア出身の安昌浩氏で、同じくリクルート出身の水澤貴氏とフリーエンジニアの石井壮太氏が中心になって起業した。

アリスはブロックチェーン技術を使い、広告モデルには依存せず、ユーザー同士が直接課金できるメディアプラットフォームの構築を目指している。良質な記事を書いた人と、その記事をいち早く見つけて評価した人に対して、トークンが分配される仕組みだ。海外のSteemというサービスに着想を得ており、ビジネスモデルはほぼ同じである。

実際のプロダクトは開発中で、2018年4月にテスト版を出す予定。それでも、ICOの準備からわずか3カ月強で日本円にして約4.3億円を集めた。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
ゼロから分かるビットコイン
中国当局がリスク封じ
ヒカル騒動で注目された“個人版ICO“
ICOは事業開発の民主化か
あなたは理解できますか?
»»Part3 仮想通貨 新潮流
岐阜県・飛驒高山が一躍脚光
三菱は「MUFGコイン」、みずほは「Jコイン」
株式市場でも話題沸騰
金融庁幹部に聞く「頭ごなしに規制はしない」
「仮想通貨ビジネスで断トツになる」
»»Part2 仮想通貨 大バトル
見極め難しい未公開コイン
最終的には投資家の自己責任
利用は訪日客より日本人
資本流出、マネーロンダリング…
話題のテーマを総まくり
経験者が明かす売買のコツ
ビットフライヤー、コインチェック
あなたにもできる!
マンガ解説
ゼロから分かるビットコイン 爆騰の深層
»»Part1 仮想通貨 超入門
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内